読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郷土玩具のABC

日本各地の郷土玩具を紹介しています

郷土玩具って知ってます?

郷土玩具って普段耳にしないかもしれませんが、今までに必ず見たことがあると思います。

有名なのは “こけし” だったり “赤べこ” だったりします。

はじまりは諸説ありますが寺社の授与品や、民間信仰のお守り、節目の祝いや記念、親が子に与える遊び道具として江戸時代以降に誕生した庶民のためのものです。

身近にある、木、土、紙を材料に、厄除け、疫病除け、子供の成長、商売繁盛、開運出世、五穀豊穣、家内安全などなど一生懸命に生きる人たちが願いや思いを自然や動物などの形に託しています。

美術品のように美しさや繊細さをたたえるのではなく、土地柄や人柄、素朴さ、愛嬌がにじみでるものです。

どれも風土に密接に結びつき、そこで暮らす人の心が玩具の佇まいに出てるように思います。

また、同じ土地で受け継がれる玩具でも、時代や作り手によって形や表情が違っているのでひとつとして同じものがないのが大きな魅力です。

 

そんな郷土玩具の魅力をお伝えできればと思います。

 

こちらの書籍で勉強中!